「Love&Peace in 渋谷」実行委員会の活動を紹介するオフィシャルブログです。


by lovepeace_shibuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:出演者紹介( 11 )

団体出演者紹介

FARMさん
c0166922_10284649.jpg98年発足の脱・演劇集団。
コンテンポラリーダンスの要素を多分に取り入れ、ダンスカンパニーのような形に変化しつつあります。洗練された群舞ではなく個々の演技者のパーソナルが見える踊りを目指しています。




前進座さん
c0166922_10265949.jpg来年、創立八十周年を迎える劇団です。
古典を得意とする俳優達が、今回は朗読を通して、平和と愛をお届けします。
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2010-09-11 01:29 | 出演者紹介

出演ミュージシャン

カールときたさん(唄う植木屋さん)
c0166922_10371248.jpg日々の生活のなかで感じた歌(くらし唄)を麦わら帽子をかむり、オリジナル曲を小さなギターで歌う。憲法フォークジャンボリーなどに出演。





橋本耕平さん(The SLOW STARTERS)
c0166922_10372594.jpg大学の音楽サークルでの活動が前進。フリーター生活と音楽の両立を模索する。現在、東京という音を探し、歩き続けている旅の途中である。





松田一座(南部・津軽三味線)
c0166922_10373764.jpg南部・津軽三味線の名手。水道設備会社の所長のかたわら演奏活動や教室で活躍。三味線を通して平和を訴え続ける。






末森樹さん(ギタリスト)
c0166922_10375157.jpgジャンルにとらわれない弦の旅人。耳をすませば冒険旅行好きにはたまらない。飾り気のない音とともにきたれよ、喜びの胸さわぎとまなざし。ドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と』(2009年作品)でサウンドトラックを手がける。





渡邊大輔さん(Natural Cure)
c0166922_1038440.jpg'02年「GIRL FRIEND」にてメジャーデビュー。あがた森魚LIVE TOUR、海外レコーディングに参加。川崎FMにて3年間レギュラー番組DJ担当。エンジニア、『渋谷青年9条の会』呼びかけ人。
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2010-09-11 00:42 | 出演者紹介

立川談之助さん( 落語家 落語立川流真打)

c0166922_10592694.jpg1974年、 立川談志に入門、前座名「立川談Q」として落語家スタート。1992年、落語立川流から真打に昇進、現在、一門の快楽亭ブラックらと新作落語集団『トンデモ落語の会』を主催。演芸以外でも「トリビアの泉」のアドバイザーである唐沢俊一らの作家集団『と学会』に所属し、多数の「トンデモ本」に原稿を執筆。また趣味のパソコン美少女ゲームの評論や時事エッセイを雑誌等に連載、インターネットでは映画評論もやるというマルチに活躍。 社会、政治を鋭く風刺した時事落語も評判。当日の演目はお客さんの様子を見て決めたいとのこと。世相巷談。


有馬理恵さん(舞台俳優 劇団俳優座所属)

c0166922_10594066.jpg劇団俳優座所属、舞台女優。日本平和委員会代表理事。高校時代に「釈迦内柩唄」(水上勉作、浅利香津代主演)を観て衝撃を受け、芝居の道へ。1991年俳優座入団。「肝っ玉おっ母とその子供たち」「ステッピングアウト」「山彦ものがたり」など数多くの作品に出演しつつ、1999年より水上勉作「釈迦内柩唄」をライフワークとし各地で主演。その数は430ステージを超える。2003年文化庁新進芸術家国内研修生。講演「差別と戦争をなくすために〜おはなしとおしばい」も好評。雑誌「人権と部落問題」に連載中。今回は「釈迦内柩唄」ダイジェスト版を上演していただきます。
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2010-09-11 00:21 | 出演者紹介
c0166922_21283830.jpgワンクッション(芸人)さん、出演決定しました!

[関連ホームページ]

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=one_cushion

[メッセージ]

一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします!!
ワンクッション佐藤
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-09-05 21:29 | 出演者紹介
c0166922_12184563.jpg有馬理恵様、記念講演出演決定です!
フィリピン取材(従軍慰安婦ロラマシンの)報告をスライド写真を写しながら話し、ロラマシンモノローグ有馬理恵一人芝居を上演します。

◆有馬理恵(ありま りえ)さんのプロフィール

舞台俳優。劇団「俳優座」劇団員。「肝っ玉おっ母とその子供たち」「ミラノの奇跡」「ステッピング・アウト」など多くの作品に出演しつつ、「釈迦内柩唄」をライフワークとして全国各地で公演、その回数は300回を超える。2003年、文化庁から新進芸術家・国内研修生に選ばれる。日本平和委員会理事。
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-09-01 19:31 | 出演者紹介
c0166922_13244879.jpg
フォークシンガー 中川五郎さんが駆けつけてくれることになりました!

[中川五郎 さんのプロフィール]

 1949年大阪生まれ。60年代半ばからアメリカのフォーク・ソングの影響を受けて、曲を作ったり歌ったりし始め、68年に「受験生のブルース」や「主婦のブルース」を発表。70年代に入ってからは音楽に関する文章や歌詞の対訳などが活動の中心に。90年代に入ってからは小説の執筆やチャールズ・ブコウスキーの小説などさまざまな翻訳も行っている。
 アルバムに『終わり・始まる』(1969年、URC)、『25年目のおっぱい』(76年、フィリップス)、『また恋をしてしまったぼく』(78年、ベルウッド)など。2004年の春には26年ぶりのアルバム『ぼくが死んでこの世を去る日』をリリースし、最新アルバムは2006年秋の『そしてぼくはひとりになる』(シールズ・レコード)。
著書に音楽の原稿を纏めた『未来への記憶』(話の特集)、70年代のフォーク・リポートわいせつ裁判に関する文章をまとめた『裁判長殿、愛って何』(晶文社)、小説『愛しすぎずにいられない』(マガジンハウス)、『渋谷公園通り』(ケイエスエス出版)、『ロメオ塾』(リトルモア)、訳書に『U2詩集』や『モリッシー詩集』(ともにシンコー・ミュージック)、ブコウスキーの小説『詩人と女たち』、『くそったれ!少年時代』、紀行文集『ブコウスキーの酔いどれ紀行』、晩年の日記『死をポケットに入れて』、ハワード・スーンズによる伝記『ブコウスキー伝』(いずれも河出書房新社)、ハニフ・クレイシの小説『ぼくは静かに揺れ動く』、『ミッドナイト・オールデイ』、『パパは家出中』(いずれもアーティスト・ハウス)、『ボブ・ディラン全詩集』(ソフトバンク)、ダグラス・A・マーティン『彼はぼくの恋人だった』(東京創元社)などがある。
 最近は執筆活動を続けると共に、日本各地でさかんにライヴ活動を行なっている。

[関連ホームページ]
http://www.goronakagawa.com/

[中川五郎さんからのメッセージ]

9月15日は、新中野の弁天というところでライブが入っているのですが、その前に駆けつけられると思います。
とても楽しみです。
どうぞよろしくお願いします。
みんな繋がっていますね。 嬉しいです。
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-09-01 18:42 | 出演者紹介
c0166922_1830487.jpgギタリスト・末森 樹 さん出演決定です!

[プロフィール]

ジャンルにとらわれない弦の旅人。
耳を澄ませば冒険旅行(オヂュセー)好きにはたまらない。
飾り気のない音とともにきたれよ、喜びの胸騒ぎとまなざし。
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-09-01 18:30 | 出演者紹介
c0166922_2152698.jpgミタコーヒーさん、出演決定です!

[プロフィール]
tami(Vo.&Gt.) + hiko(E.P.&Cho.)
映画のエンドロールで流れるような心を打つ音楽を目指してます。せつなくて深いタミの声、それをつつむ透明感のあるエレピ、その心地よいサウンドを聴いてください。

[ホームページ]
http://mitacoffee.exblog.jp/
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-08-25 21:52 | 出演者紹介
c0166922_23132078.gifスロースターターズ 橋本耕平さん出演決定です!

[プロフィール]
~スロースターターズの話~ 
the SLOW STARTERS、名前は新潟大学の音楽サークルで結成したバンドが由来している。メンバーは4人、卒業を機に、残念ながら「解散」・・・となった。
 その後、Gt&Voの橋本は新しい仲間(Gt、Ba、Dr)を求め独り上京。しかし、過酷なフリーター生活と音楽の両立に挫折。頼れる仲間も見つからぬまま、世の中が大嫌いになり、ひきこもった。
 一年間、歌や何も手をつけられず終わりかけた時、(ここから)それを救ったのは、別れたメンバーの声援、旧友との再会、新たな東京での出会いだった。
 現在は、色々な人に支えられながら、東京という音を探し、歩き続けている旅の途中なのである。
  
 「ひとりで考えていても、わからないことばかり
   色んな人と話をしながら、自分を探していこう」

[次回ライブ]
9月27日(土) ~橋本耕平と愉快な文化人たち~
 調布市レストラン「Everything」にて、19:30から

[橋本耕平さんからのメッセージ]   
福島、出身のハシモトと申します。
平和の企画ははじめてなのでよろしくお願いします

[ホームページ]
http://www.myspace.com/theimagines
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-08-23 00:40 | 出演者紹介
c0166922_0155017.jpgカールときた さん出演決定です!

[カールときた さんのプロフィール]
本名:鴇田(トキタ)浩 50歳  

唄う植木屋です。日々の生活のなかで感じた歌(くらし唄)を麦わら帽子をかむり、オリジナル曲を小さなギターで歌います。

※8.9の憲法フォークジャンボリーにも出演されている表現者の方です。

[カールときた さんからのメッセージ]

力一杯歌いたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 
[PR]
by lovepeace_shibuya | 2008-08-13 13:08 | 出演者紹介